日本においては米の研究というのが昔から行われていた

日本には長い稲作の歴史がありますので多くの品種が遺伝資源として保存されているということがあります。多くの記録がされており研究報告なども残されているので様々な分野においての研究が多く行われているのが稲作に関する部分の素晴らしいところであると言えるでしょう。他の植物やの作物に比べて一番よく知っていると言えるのが米になるわけです。日本が世界に対してまさに主導権を持っていると言っても過言ではない研究分野の一つであると言えるでしょう。そうは言っても実は日本の中でもかなり需要が下がっている食べ物でもありますので減反政策などを行っているというのもまた事実であり、どうしてもそんなに売上自体は下がっているということがあるのでその点がとても未来的な部分において不安視されている部分であるというのは間違いないことになりますので覚えておきましょう。しかし食べ物が不要になるということもありませんのでそこまで危険視することではない、ということもあります。http://www.supplena.jp/